ABIOMEDは、

Recovering hearts. Saving lives.

—心臓を回復させ、患者さんの命を救う—

を基本理念として、ひとりひとりの社員が日々の活動に臨んでいます。

ABIOMED Inc. は、人工心臓の開発を目的とし、マサチューセッツ州ダンバースに1981年に設立され、1990年代から体外式補助人工心臓(VAD)や埋め込み式の人工心臓の開発、製造ならびに販売を行い、2004年よりヨーロッパ、2008年より米国において、IMPELLA(循環補助用心内留置型ポンプカテーテル)の販売を開始し、その普及に努めてまいりました。

日本アビオメッド株式会社は、2013年12月に設立され、2016年9月にIMPELLA※1の医療機器 製造販売承認を取得いたしました。

※1:IMPELLA 補助循環用ポンプカテーテル
承認番号:22800BZI00032000

  • Impella Worlds Smallest Heart Pump

お知らせ


日本アビオメッドに関連するお知らせがこちらで、ご覧いただけます。